楽天市場やAmazon、自社通販サイトなどのECサイトを活用した物販ビジネスを始めたい企業さまをサポート

ECモール物販ビジネスサポートなら株式会社ハート

企業のお困りごと解決

メルカリShop 先行申し込みが始まる

投稿日:

今回は、メルカリShopの先行申し込みが始まったので、解説したいと思います。

3、4年前のメルカリが始まった当初は、会社や個人事業主、色々な企業の販売は禁止されていました。

メルカリというのは、個人間販売で始まったアプリなので、在庫を持ったり、複数の在庫を出品するとアカウント停止したり、使えなくなったりという事が多々ありました。

メルカリShopは、業者として、企業として、個人事業主として販売をしてもいいですよ、と始まったプランです。

こうなった経緯としては、プレイステーションや任天堂スイッチなどの転売を防ぐ動きもあると思います。

実際、正規の業者として販売していけば、消費者の方も転売などから商品を高く買う事もなくなり、物販の業界が健全に保てると思っております。

在庫やバリエーションがつくれる

今までのメルカリだと、1つの出品に対して、1つの商品しか販売できませんでした。

メルカリショップになると、在庫やバリエーションが作れるようになります。

Amazonや楽天市場などの通常のECモールだと、カラーやサイズのバリエーションを一つの商品ページで作る事ができます。

商品ページで、お客さんが選んで購入できるということです。

メルカリではそれができませんでしたが、メルカリショップではできるようになります。

もちろん、在庫を持つこともできます。

今はどういった形態になるかは分かりませんが、複数の商品を何度も出して、消して、どいう面倒な作業は無くなると思います。

先行者利益

ECモール販売では検索上位表示をさせるためにSEO対策をしていかなくてはなりません。

先行者利益を得る。ということで、早く出品してレビューをためていくことが大事になってきます。

いいレビューがたくさんたあると、商品のSEO対策がされて、検索順位も上がってきます。

こういった利益をとるためにも、早めに申し込んで、早く出品してみて下さい。

ECモールは、楽天やAmazon、ヤフーショッピングと色々なものがあります。

メルカリは規模が大きかったのですが、転売の問題などでニュースになっていますし、個人間の販売というのも、ある程度いきわたって売上も頭打ちになっていると思われます。

なのでそこに、業者や企業を誘致してどんどん販売してもらい、流通を増やす戦略なのだと思われます。

3,4年前にメルカリショップができていれば今頃メルカリはもっと凄いものになっていたと思います。

今回のメルカリショップはECモールとしては後発組にはなりますが、メルカリにショップができた事は私たちのような販売業者にはうれしい事です。

私もどれぐらい売れるかは分かりませんが、今までのメルカリをみていると、ある程度の売上はあがると予想しています。

規模でいうと、3ヵ月以内に月商200万円、300万円くらいを狙う感じで取り組んでいこうと思います。

先行者で販売すると、販売価格もそんなに安くせずにある程度の金額で売れていくので、利益もしっかり残ると思います。

手数料もほかのECモールより5%ほど安くなっています。

Amazonが15%で、楽天市場が12,3%、メルカリショップは10%です。

比較的、安い手数料だと思います。

これから9月のオープンに向けて申し込みができるので、登録をしてみてください!

https://mercari-shops-lp.com/

申し込みのURLは、動画の概要欄にもはっております。

Amazon物販マニュアルをプレゼント!

Amazon物販を始める時に役立つ情報を満載した輸入ビジネスマニュアルを進呈中!

-企業のお困りごと解決

Copyright© ECモール物販ビジネスサポートなら株式会社ハート , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.